プログラミング

fatal: Authentication failed for … SourcetreeでBacklogのGit認証エラー時の対処法

少し前のことですが、BacklogのGitを使用して、Sourcetreeで接続できなくなったときのエラー内容と対処法を記載します。

環境(2018年7月19日当時)

  • OS: Mac OS 10.11.6 (El Capitan)
  • Sourcetree: Version 2.6.3 (134)
    • Embedded Git 2.10.1
    • 内蔵 git-lfs 2.0.2
    • Bitbucket Media Adapter 1.0.6
    • 内蔵 git-flow
    • Embedded Mercurial 3.7.3.1
    • ↑はSourcetreeメニューから「About Sourcetree」を見たときの情報
  • HTTPS で Git に接続(Backlog使用)

エラー内容

git -c diff.mnemonicprefix=false -c core.quotepath=false -c credential.helper=sourcetree fetch origin 
remote: Authorization required
fatal: Authentication failed for 'https://バックログのURL/www.git/'
remote: Authorization required
fatal: Authentication failed for 'https://バックログのURL/www.git/'
remote: Authorization required
fatal: Authentication failed for 'https://バックログのURL/www.git/'
remote: Authorization required
fatal: Authentication failed for 'https://バックログのURL/www.git/'
Completed with errors, see above

まるでバックログの認証エラーであるような文言が並んでおりました。

エラー解消法 : SourcetreeでBacklog連携設定の見直し

Sourcetreeメニューの「環境設定…」 > 「高度な設定」 から、バックログのホスト名・ユーザ名を削除。
その後Sourcetreeを再起動すると、バックログのユーザ名とパスワードを求められるので入力。
自分の場合はこれで直りました。

ただしここに至るまで、いくつかの方法を横断して試したので、そちらも記載します。

 

Sourcetreeのアップデート

Sourcetreeメニューの「アップデートを確認…」(アプデ前は英語表記だった気がする)より実施。
その結果、環境が以下のように変化する。

  • Sourcetree: Version 2.6.3 (134) → 2.7.6 (177)
    • Embedded Git 2.10.1 → 2.17.1
    • 内蔵 git-lfs 2.0.2 → 2.4.2
    • Bitbucket Media Adapter 1.0.6 → 変化なし
    • 内蔵 git-flow → 変化なし
    • Embedded Mercurial 3.7.3.1 → 4.6.1

ただこの時点では、Sourcetreeを再起動しても、念のためPC再起動しても、エラーは直らず。

Gitのバージョンアップ

これは今回の自分にとって必要なかったかもしれませんが、過去にいろいろあって HomeBrew をインストールしていたので、
/usr/bin/git –version でGitのバージョンを確認すると git version 2.10.1 (Apple Git-78) でした。
brew update でHomeBrewをアップデート。
brew upgrade git でGitのバージョンアップ。git version 2.18.0 に変化。

Sourcetreeメニューの「環境設定…」から「Git」 > 「システムのGitを使用する」 で最新のGitを探して選択。(自分の場合は /usr/local/bin/git に入ってた。)

Sourcetree再起動するも、エラー直らず。

やっぱりシステムのGitではなく内蔵Gitに戻してから、最終的な解決法へ戻る。

 

まとめ

fatal: Authentication failed for ‘https://バックログのURL/www.git/’ のエラーにはSourcetreeの環境設定からバックログのユーザ名・パスワードを再設定すること。

「バックログの周りが怪しい」というエラーが出たのであれば最初に見直せば良かったのですが、ユーザ名もパスワードもずっと変えてないので釈然としない気持ちも。
以前に1度だけバックログと連携失敗したときはどうやっても設定ファイルが消せなかったので、その事象についてもそのうち調べてみるかもしれません。

参考URL

MacのHomeBrewでGitを2.7.0にアップデートしよう
SourceTreeで remote invalid username or password となってGithubと接続できない時の対策
BacklogとSourceTreeのgit連携で失敗したら…

関連記事

  1. プログラミング

    #1075 – 不正な表定義です。AUTO_INCREMENT列は1個までで、索引を定義する必要があ…

    データベースをいじっていたら「#1075 - 不正な表定義です。AUT…

  2. プログラミング

    VSCodeで “Git not found. Install it or config…

    またはVSCodeを起動したらGitが見つからないと言われる→Gitの…

  3. プログラミング

    PHP7技術者認定初級試験の問題集より:strcasecmp() の関数を検証

    一般社団法人BOSS-CON JAPAN / PHP技術者認定機構 さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 猫の話

    ニャーさんという猫の話
  2. 英語

    発音しない文字=サイレントレターについて。
  3. プログラミング

    PHP7技術者認定初級試験の問題集より:strcasecmp() の関数を検証
  4. Mac

    虫メガネツールなしで画面を拡大表示する方法
  5. プログラミング

    #1075 – 不正な表定義です。AUTO_INCREMENT列は1個までで、索…
PAGE TOP